Profile

Join date: Jun 2, 2022

About

ここ20年で一番ラフが短いツアー選手権 狙いは「距離を長くするため」【ツアーディレクターに聞く】

<BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ 初日◇2日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(茨城県)◇7387ヤード・パー71>


トップでシャフトが左を指す! 石川遼のスイングを鳥目線で見る【連続写真】


BMWの冠がついた今年のツアー選手権はいつもと雰囲気が違う。練習ラウンドをしたプロたちは「ラフが短い」とみな口を揃える。確かにメジャーセッティングにしてはラフがかなり刈りこまれている。


ツアーディレクターを務める田島創志はラフを短くした理由について、「BMWさんをタイトルスポンサーに迎え、今年からイメージを変えていきたいという話があり、その1つとしてラフを短く設定しました。宍戸が持っている距離の長さでメジャートーナメントを開催します」と話す。


昨年も今年も18ホールの総距離自体は7387ヤードと変わらない。しかし、ラフが長かった昨年はホールによってティを前に出したりして、実際の総距離はもう少し短かかった。ラフに入れば、出すだけのショットになり、それだけで1打失うことになるからだ。しかし今年は、ラフでもグリーンを狙っていけるショットが増える。だから7400ヤードという長さをフルに使って、選手たちの技術を引き出そうという狙いがある。


たっぷり距離があるため、ラフが短くなっても簡単になるわけではない。しかもグリーンは13フィートと速く(通常のトーナメントは11フィート前後)、コンパクションも24~25と硬く仕上がっている。


田島には「海外で戦える選手を育てたい」という思いもある。「海外で戦っていくためには、距離の長いコースに対して戦っていくことが必要です。それに、日本の選手は池があるホールでアグレッシブにいけない傾向があります。海外では池の際に立っているピンにも打っていかないといけない。その狙っていく部分を17番で出したい」と話す。


481ヤードと距離が長い17番パー4は、スコアを落とさずに切り抜けることが勝敗を分けるキーホール。昨年大会の4日間の平均スコアは4.494と一番難易度が高かった。やや右にドッグレッグしていくティショットは、フェードボールでないとフェアウェイに置くのが難しく、右のOBは浅い。そしてセカンドショットは池越えとなる。


水曜日に行われたプロアマでは、風がアゲンストだったため、セカンドで200ヤード以上残る選手が多かった。ロングアイアンもしくはユーティリティでの正確なショットが求められるのだ。前回大会覇者の木下稜介は、この難しい17番を4日間2バーディ・ボギーなしで乗り切り、「それが勝てた要因」と振り返る。

[LIVESTREAM@OFFICIAL!!]2022日本ゴルフツアー選手権 テレビ 放送ライブ無料ゴルフオンライン2022年6月2日

More actions